Affinity Designer 101

Affinity Designerの基本操作と初心者向けチュートリアル

パターンフィル(パターンで塗りつぶし)

  • Affinity Designer ver1.7x
  • デザイナーペルソナ
  • 塗りつぶしツール 塗りつぶしツール
POINT
  • 塗りつぶしツールを使ってパターンで塗る場合、使えるのはビットマップ画像だけです。
  • ベクター画像を使いたい場合はシンボルという機能を使いますが、多少、手間がかかります。(後日別記事書きます)
  • 使うのはビットマップ画像ですが、作業するのはデザイナーペルソナです。

手順

1) 塗りつぶしツール 塗りつぶしツール を選択

2) コンテキストツールバーの [タイプ] をクリックしてビットマップを選択し、パターン用の画像を開きます。

ビットマップを選択

4) コンテキストツールバーで [塗りつぶしの縦横比を維持] をオンに、[拡張] は [回り込み] に設定。

縦横比を維持

5) ハンドルをドラッグして、大きさを変更します。

塗りつぶし用のハンドルをドラッグ

[shift]キー を押しながらドラッグすると、45°単位 で回転するようになります。回転させたくない場合も、[shift]キーを押しながらの方が回転しづらいです。

45°回転

6) 色味を変更したい場合は、レイヤースタジオの[調整]アイコンから[再配色]を選択して変更します。(参照→ ラスター画像の色を変更する)

色変更後

Last updated on 2019 08 15
Published on 2019 08 15

関連記事一覧